血糖値を下げる治療ガイド・インスリン注射

insurin

血糖値を下げる治療ガイド・インスリン注射

「血糖値を下げるために~インスリン注射とは~」

もし健康診断で糖尿病と診断された場合、インスリン注射が常に必要だと診断される方も多いと思います。インスリン注射とは何か?インスリンが血糖値を下げるためにどんな役割をしているのかをご紹介します。
始めにインスリンとは、まず血糖値とは血液中にあるグルコース(ブドウ糖)をホメオスタシスのホルモンの一部、インスリンの分泌によって常に一定の数値を保っています。しかし、食事の偏りや運動不足により高血糖が続くと、インスリンの分泌不足を起こし、糖尿病になってしまうのです。糖尿病をほおっておくと、心筋梗塞や心不全など合併症を起こし、死に至る可能性もあるのです。それを防ぐためにインスリン注射が必須となってくるのです。

・インスリン注射の種類
昔に比べ、糖尿病で病院に入院しても長期で入院することはなくなりました。自宅でご自分でインスリン注射を行い、定期的な診察をして糖尿病と向き合うのが殆どだと思います。そんなインスリンにも3種類あります。
速攻型インスリン
追加分泌を補うインスリン製剤。
注射して30分ほどで作用が現れるので、食事をする30分前に投与する必要があります。作用時間は約8時間ほどです。食事の際に急激に上がる血糖値の上昇に対応します。
中間型インスリン
基礎分泌を補うインスリン製剤
注射をして約1時間30分ほどに作用が現れます。1~3時間の間がピークになります。作用時間は24時間ほどです。
混合型インスリン
追加分泌と基礎分泌両方を補うインスリン製剤。
速攻型と中間型のインスリンを混合したものですが、混合の比率はさまざまな種類があります。注射して30分ほどで作用が現れるので、食事をする30分前に投与する必要があります。

・インスリン注射の効果・副作用
インスリン注射は糖尿病を発症したら必要になるものですが、副作用を発生する場合があります。
インスリンは高血糖値を下げる為に投与するので、一時的に低血糖になるのです。しかし基準の数値よりそれ以下に血糖値が低くなり、低血糖を起こして体調不良を起こす場合があります。
インスリンアレルギー
感染症の発生
糖尿病患者の特徴として、インスリン(=ホルモン)の分泌不足、低下により血液中がドロドロの状態なのです。つまりそれは体内でばい菌が浸透しやすい身体になっているので、きちんとしたインスリン注射の方法、保管・管理をしていないと感染症を起こす可能性が高いのです。
病院でのインスリンの指導を守り、定期的な診察を行っていくようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?糖尿病を発症したら完治ということは難しいです。インスリンにも副作用があることをご紹介しましたが、使用法を間違えなければ害を及ぼすことはないのです。実際、インスリン注射に踏み込むことが怖いと感じる人は多いのですが、後で「もっと早く使っていればよかった」という声が多いのも事実です。
平穏な毎日を過ごす為に安全なインスリン注射の認識と主治医との連携をすることが大事になります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る