血糖値を下げる治療ガイド・人工透析

touseki

血糖値を下げる治療ガイド・人工透析

「血糖値を下げる為に~人工透析の役割とは~」

糖尿病になると食事改善、適度な運動が必須となってきます。それだけでは高血糖値を防ぐことができない場合、インスリンの分泌・低下を防ぐためにインスリン注射が必要となります。そしてそれだけでも駄目な場合、最後の手段として人工透析が必要となってくるのです。
最近では糖尿病患者の増加により、人工透析の充実性を唱っている病院も増えてきたくらいです。名前は聞いたことがあっても人工透析の詳しいことを知らない方は多いかもしれません。人工透析に関してをご紹介します。

・人工透析とは
主には、人工透析は腎不全の末期症状によって、低下した腎機能の役割を代わりに果たすのが人工透析なのです。そこで何故、人工透析が糖尿病患者にとって最終手段の治療方法と呼ばれているのか?
糖尿病腎症という言葉をご存知でしょうか?糖尿病腎症とは糖尿病の合併症の一つで腎臓の機能が少しずつ低下する病気です。糖尿病は高血糖の為、血液中がドロドロの状態です。それをサラサラの血として血液中に流す為にインスリン注射が必要となってくるのです。しかし合併症を発症し、腎機能が低下してしまうと尿などの老廃物がそのまま血液中に残ってしまい、他の合併症を引き起こすのです。それを防ぐために人工透析を行うのです。
現在、糖尿病腎症の患者は超尿病患者の3分の1。つまり約11万人が人工透析を受けているのです。

・人工透析のメリット・デメリット
先述したように、人工透析は低下した腎機能の変わりに果たすの役割があります。人工透析の機械に血液透析器(ダイアライザー)というものがあり、血液を体内から取り出し、老廃物や余分な水分を取り除き、浄化された血液を体内に戻します。
また在宅の透析療法として腹部透析があります。血液透析では一回に4~5時間、週3日で行わなければいけないこと。在宅で治療を行いたい方にはカテーテルを埋め込む手術後、透析袋の取り換え以外は、基本的な生活を行うことができます。

しかし人工透析にもデメリットがあります。
血液透析器を使用するには、まず動脈と静脈を繋げる手術が必要になります。
腹膜透析は在宅で透析療法を行えるメリットがありますが、お腹の中に透析液を出し入れする為に、カテーテルと呼ばれるチューブを腹部に埋め込む手術が必要です。
また、制限されることのストレス。人工透析で入院される方、入院をされなくても水分制限されます。それ以外にも、糖分脂質の制限した食事、さまざまなことがことが精神的にストレスになり、自暴自棄を起こす方もいらっしゃいます。しかし、自宅療養中でも家族のサポートがなければ、色んな物を制限することが難しいかもしれません。家族や医師と相談し、人工透析による治療を長い目で見ることが大切だと思います。
そして、医療費の負担です。人工透析治療には年間500万円かかると言われています。高額医療控除制度などを利用の相談を病院の窓口で相談されることをおススメ致します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る