血糖値を下げる治療ガイド・薬物療法【薬の種類】

drag

血糖値を下げる治療ガイド・薬物療法【薬の種類】

糖尿病だと診断された時に、血糖値の値にもよりますが、最初は運動療法と食事療法を勧められます。しかし、それだけでは血糖値の上昇を抑制できないと診断されると行うのが薬物療法です。
言葉だけでは怖い印象がありますが、薬物療法とはどんなものなのでしょうか?

・薬物療法とは?
薬物療法とは、薬で血糖コントロールをすることです。薬物療法には、「経口血糖降下薬」と「インスリン注射」があります。この二つの違いは何があるのでしょうか?
 経口血糖降下薬は主に内服薬として使用され、インスリン分泌が保たれている場合に使用されます。種類としては、血糖値を全体的に下げる薬としてSU薬(スルホニン尿素薬)BG薬(ビクアナイト薬)インスリン抵抗性改善薬があります。主に食後の高血糖を下げる薬としてα‐グルコシターゼ阻害薬、速効型インスリン分泌促進薬があります。

 インスリン注射は、膵臓からのインスリン分泌がほとんどない場合、または何らかの負担により膵臓を一時的に休ませる場合に使用されます。自宅でも、自分でできるように注射針の細いものも主流となりました。また人によっては、内服、点滴でインスリンを投与される人もいます。種類として、追加分泌を補うインスリン製剤として速効型インスリン(レギュラーインスリン)、基礎分泌を補うインスリン製剤として中間型インスリン(NPHインスリン)、追加分泌と基礎分泌の両方を補うインスリン製剤として混合型ヒトインスリンがあります。
どの治療薬を使用するかは医師が判断しますが、薬物療法に関してはこのような方法で行うということを知っておいて損はないはずです。

・薬物療法の副作用に関して
血糖を下げることを目的としていますが、血糖が正常を下回る場合があります。その時にめまいや冷や汗、動悸、手の震えが起こった場合はブドウ糖を摂取することです。または早い段階で医療機関に相談したほうが一番と言えるでしょう。
また経口血糖降下薬は内服薬として使用されます。その時に注意することは誤薬をしないか?または定時に飲み忘れをしないか?が一番大切です。
インスリン注射においては、自分で適切なインスリン注射を行うように、インスリン製剤を適切に保管しなければ、感染症を起こすきっかけになります。大げさかと思われるかもしれませんが、自宅でインスリン注射をしている人に一番多いのです。
また薬で血糖値が下がることに安心し、運動や食事をおろそかにしてしまうケースも多々見られます。それでは結局、体内に血糖値を蓄積し、合併症を発症させる原因になります。偏りのない食事を決まった時間に摂ること。運動する時間を確保することは難しいかもしれませんが、駅ではエレベーターではなく、階段を使うこと。一駅歩くことで日常的に運動する時間を確保することができます。

いかがでしたでしょうか?薬物も適切に取り扱わないと怖いことになることがわかりましたね。しかし、医師との連携で、薬物療法を行えば、私達が普通の生活を行う上で重要な役割をしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る