血糖値を下げる治療ガイド・食事療法編【食べ物】

foods

血糖値を下げる治療ガイド・食事療法編【食べ物】

糖尿病と診断された時、食事療法や制限は必ず求められてきます。
食事療法とはただ食事を制限すればいいのではないか?と思われるかもしれませんが、そうではないのです。知られているようで、詳しいことは知られていない食事療法に関して調べてみました。

・食事療法とは?
糖尿病と診断された人たちにとって、食事療法は必須の基本的な治療法です。
食事習慣を改善し、血糖値をコントロールすることを目的とし、食べ物の摂取量の制限と、必要な栄養素を摂ることが一番大切になるのです。また糖尿病患者だけではなく、腎臓病や高血圧症患者にも取り入れられる治療法です。
まず、食事療法の基本として適正なエネルギー量を知ることです。
病院や施設で生活している方には、栄養士が測定、管理をして食事を提供していますが、自宅治療されている方にはそういうわけにもいきませんね。そんな方にとって知っておいて頂きたいことは、
標準体重(Kg)=身長(m)×身長(m)×22
そして……
標準体重×仕事量(20~40kcal)=一日の総エネルギー量です。

一日の総エネルギー量を計算しながら、栄養をまんべんなく摂取することが健康管理に繋がります。また人によっては、外食が多い方もいると思います。そういう方は味付けが濃いものや、塩分が高めなものはできるだけ選択肢に入れず、野菜を摂ることも大切だと言えます。また外食でカロリーを摂取した分、その日の家での食事はカロリー控えめにしたほうがいいでしょう。

・食事療法の注意点として
食事療法は基本的には、食事量と必要な栄養素を摂ることで血糖値のコントロールを図ることに目的があるのですが、食事療法の注意点として
1、食事は決まった時間で摂取することです。不思議なもので、20時以降の食事の摂取、または睡眠する3時間前以前に食事をしてしまうと体内の脂肪へと蓄積し、血糖値の上昇、体重の増加は勿論、心筋梗塞や心不全などの合併症へと繋がってしまいます。
2、ゆっくり噛んで、腹八分目に抑えることです。
ゆっくり噛むことで自分の頭に「お腹がいっぱいです」と満腹中枢へ発信するのです。そして腹八分目に抑えることで、細胞の老化を防ぎ、生活習慣病予防へと繋がるのです。
食品の種類をまんべんなく摂取すること
栄養の偏りは不健康へと繋がります。この成分が健康にいいからと摂取していても、他の成分が少ないと体内への吸収が弱くなったり、副作用として他に病気になることもあります。塩分、脂質の摂りすぎに注意をして、栄養をまんべんなく摂取すること。忙しい現代人には難しいかもしれません。その時は、サプリメントや野菜ジュースを補助食品として使用してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?食事療法についてより詳しく知ることができたと思います。
食事療法と同時に運動療法を取り入れることで、血糖値の上昇の抑制とともに老化予防にも繋がるので、実践されてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る