血糖値を下げる治療ガイド・取り入れたい漢方・サプリメント成分【ナットウキナーゼ】

nato

血糖値を下げる治療ガイド・取り入れたい漢方・サプリメント成分【ナットウキナーゼ】

ナットウキナーゼという言葉をご存知でしょうか?
ナットウキナーゼとは納豆のネバネバの部分にあるタンパク質分解酵素を指します。
このナットウキナーゼには血糖値を下げる成分としてどのような効能があるのでしょうか?

・ナットウキナーゼとは
ナットウキナーゼとは、先述した通り納豆の中にあるタンパク質分解酵素を指します。

詳しくはナットウキナーゼには、ナットウキナーゼはもともとあった成分ではなく、納豆を作る過程で大豆を煮て、納豆菌を発酵させることでナットウキナーゼができるのです。その時に、ナットウキナーゼの他にも抗がん剤治療としても使用されているポリグルタミン酸、骨粗鬆症や動脈硬化を防ぐビタミンK2、放射能除去物質として知られているジビコリン酸にはO-157など感染症を予防する抗菌予防さようがあります。そして最後に、細胞の生まれ変わりに必要なボリアミンには新陣代謝の促進や、老化を予防する効果などがあります。またナットウキナーゼには、血液凝固を分解する作用や血の流れをスムーズにする、血圧の上昇を抑制させる効果などが、研究結果として発表されています。

発酵前の大豆の含有成分は、ビタミンE,レシチン、イソフラボン、タンパク質、カルシウムです。発酵するだけでこれだけ含有成分に違いがあることがわかりますね。こうして文章にしてみると、納豆がいかに健康に良いものなのかということがわかりますね。

・ナットウキナーゼを摂取するには
簡単に言えば、そのまま納豆を食べることが一番だと思います。しかし中には、納豆の味や匂いが苦手な人もいると思います。
クックパットのレシピでも全部で約26000種類あります。パスタに和えたり、おつまみにしたり、パンにのせてトースターで焼いたり……など、数えきれないくらいのメニュー方法があるので、レシピを見ているだけでも面白いですね。

どうしても納豆の感触や匂いが苦手な方もいらっしゃると思います。また納豆の機能成分にあるビタミンK2を摂りすぎると血液凝固を促進する作用があるので、血栓症患者には医師に制限されている方もいらっしゃいます。そんな方でも摂取できるようにナットウキナーゼのサプリメントがネットやスーパー、ドラックストアで販売されています。もし、購入の判断に不安がある方は医師や薬剤師への相談をお勧め致します。

そして、実はナットウキナーゼを摂取する時間帯は夕食後や寝る前が良いと言われています。40代以上の方、ストレス、高血圧、高脂血症や糖尿病などドロドロ血になっている可能性が高い方は定期的な摂取を心掛けるほうが、有効的にナットウキナーゼを摂取できるといえます。

いかがでしたか。ナットウキナーゼを有効に摂取するには、知られていないことも沢山あると思います。日本ナットウキナーゼ協会では、ナットウキナーゼや他にも血栓症、納豆菌に関して詳細に書かれていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。
(参照:日本ナットウキナーゼ協会HP:http://j-nattokinase.org/)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る