血糖値を下げる治療ガイド・取り入れたい漢方・サプリメント成分【雑穀】

zakoku

血糖値を下げる治療ガイド・取り入れたい漢方・サプリメント成分【雑穀】

・雑穀とは
原始時代から乾燥・半乾燥地域を主に、様々な国で雑穀は主食として重宝されてきました。現代では主穀物以外のものを指します。しかし現代の日本では雑穀に対して、イネ科の穀物、ハトムギ、大豆、小豆などの豆類、ソバ、ナタネ、ヒマワリなど油糧作物も含み、広い意味で使われています。また、数年前から食物繊維を豊富に含んでいる、健康にいいことから世間的にも雑穀ブームが起きて、雑穀メインのお店も全国的に沢山できるほどになりました。

雑穀の主な栄養成分にはタンパク質があります。また身体の代謝に必要なビタミンB群中にあるB1には白米に含まれる糖質を分解し、脂肪の代謝を促進して蓄積を予防します。またB2には、脂肪を分解し、エネルギーへと変換してくれます。

糖質、脂質、タンパク質の代謝に必要不可欠なナイアシン、B17、B6や葉酸、カルシウム、体内の血液を作るために必要な鉄分、摂りすぎた塩分を老廃物とともに出してくれる働きをするカリウム、他にもマグネシウム、亜鉛など身体が正常に機能する為に必要な成分が沢山含まれています。
また食物繊維が豊富で便秘予防になることや血糖値の上昇を緩やかにしてくれることや、雑穀の中にはキビが含まれており、このキビがコレステロール上昇を防いでくれる働きをしてくれるのです。

・雑穀の利用法
雑穀を日常の生活にどう取り入れたらいいのか?一般的にはご飯を炊く時に雑穀を入れて、雑穀米として食べることが多いかと思います。メーカーによっては1合ずつ雑穀を袋わけしていたり、また雑穀のブレンドしている比率が違うので、美容の為、健康の為などさまざまな用途があるので、使い比べてみるのもいいかもしれません。
そして料理レシピの宝庫ともいえるクックパットでも、管理栄養士監修で美容と健康の為に作った雑穀米が販売されています。
(参照:https://kenko.cookpad.com/zakkoku)

また雑穀メニューだけでも雑穀米、雑穀サラダ、雑穀を使ったデザートなど、およそ2300種類のメニューがありますので、雑穀米を食べることに飽きても、他の調理方法があるのは食事量やカロリー管理をしなければいけない糖尿病の方にとっては力強い食材です。
一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

雑穀を食事の一部として使用してみて、副作用が出たという言葉はネット上でも殆ど見あたりません。しかし人によっては、雑穀が身体に合わずアレルギーが出てしまったという症例もありますので、下痢が続く、またアレルギーで皮膚に発疹や痒みが出た場合は、摂取することを中断し、医師への相談をお勧め致します。

いかがでしたか?健康にも美容にも最適な雑穀。色んな種類の穀物が入っているので歯ごたえも良く、しっかり噛んで味わうことの大切さを知ることもできますね。

どんな食材でも、過剰摂取は不健康や病気を作るもとですから気を付けたほうがいいですが、しかし何もせず、白米や炭水化物だけでは血糖値を上げる元ですから、食事のメニューとして雑穀米を使うこともいいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る