血糖値とは

ketto

「血糖値とは何か?~私達の身体の役割~」

血糖値を下げる商品という言葉は色んなメディア媒体で聞いたことがあると思います。では「血糖値は高くなければそれでいいのか?」「若いうちは関係ない?」そう思われている方もいるかもしれません。でも、それは間違いなのです。そもそも血糖値の数値の上がり下がりにしても、身体機能にしても定期的な健康診断や採血で自分はどれくらいなのか?と把握もせずにほおっておくから、糖尿病などの三大成人病や他の病気を発症する原因を作ってしまいます。では、どうすればいいのか?まず血糖値の基本的な知識についてご紹介致します。

・血糖値とは何か?

まず血糖値とは血液中に含まれるグルコース(=ブドウ糖)の濃度です。
普段は、生体のホメオスタシスの働きによって一定の数値が保たれているのです。ちなみに、ホメオスタシスとは何か?と思われたと思うのですが、ホメオスタシス(=生体恒常性)とは、生体の内部や外部の環境が変わっても、身体の動きを通常通りに動かすメカニズムのことです。例えば、身体が怪我をした時に自然治癒で傷を治すのと一緒ですね。

そんなホメオスタシスがあるおかげで、食事をすると一時的には血糖値が上昇しますが、食後数時間で元の数値に戻ります。しかし、血糖値が高い数値が続くと、ホメオスタシスが関わるホルモンの中にインスリンというホルモンがあります。

インスリンとは、ホルモンの中で血糖値を下げる唯一のホルモンです。そのインスリンが頑張っても、血液中に含まれるグルコースが多いと、通常通りの仕事ができなくなるのです。つまりインスリンの分泌低下を巻き起こすのです。そして高血糖になってしまうのです。

低血糖と言う言葉があります。低血糖とは簡単に言えば拒食症、過食症状が続いて吐いてしまい、低血糖を起こしてしまうことで身体のバランスを崩してしまうのです。実際は、人間はご飯を食べて、睡眠をする生き物です。人間は、食事をして血糖値を上げて高血糖になるものなのです。高血糖になる可能性が高いと考えたほうがいいですね。

・血糖値が身体に及ぼす影響とは何か?

高血糖になった場合、密接に関係するのがヘモグロビンA1c(HA1c)というものがあります。ヘモグロビンA1cとは、高血糖が続いた時に血液中にある余分のブドウ糖と都合

した糖化蛋白質のことです。その糖化蛋白質の量によって糖尿病治療を運動療法から始めるのか?食事療法から始めるのか?最悪、インスリン注射から始めなければいけないのか?を医師が判断します。

そんなことメンドクサイ!と思われる方もいるかもしれません。しかし、血糖値を一定の数値に保たなければ病気を発症してしまうからです。高血糖をほっておくとどんな症状が起こるのか、多飲、多尿、口渇、それが続くと脱水症状。それで治療を行うことができれば良いのですが、そのままだと脳梗塞や心不全、心筋梗塞などの合併症を起こす危険性もあります。いかに、私達の身体にとって血糖値の数値が関係してくるのかがわかりますね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  • サプリメント検索

    成分評価

  • 原料の評価



現在の登録件数:16 件
ページ上部へ戻る